スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 admin page top↑
お散歩解禁
2008 / 03 / 06 ( Thu ) 14:22:13
jon36.jpg


今日は日差しが暖かいので、お日様の光を受けてまどろんでいるじょんです♪

午前中、病院へ行ってきました。
診察してもらった結果、痛みも無さそうでちゃんと歩けるようになっているので、
今日で定期的な通院は終わりでいいでしょうとのことでした。

もう普通の生活に戻って良しとのこと。
お散歩もOKだそうです。

油断してまたなるかもしれないっていう心配はありますが、とにかく良かった!!!
スポンサーサイト

じょん CM:2 admin page top↑
もう少し我慢してね
2008 / 02 / 27 ( Wed ) 17:37:21
昨日、お薬がなくなったので病院に行かなければいけない日でした。
病院の前の駐車場は入れたら最後・・・・出る時が危険で停められないので、
いつも少し離れた病院の契約駐車場に停めて歩くのです。

昨日はすごい雨で、じょんは今ケージに入れて運ばねばならないので、
傘を差して片手でケージを持つには無理で昨日は諦めて今日診察してもらってきました。

後ろ足は交互に動いて歩けるようになっていましたが、
足の反射テストはだいぶ感覚が戻ってきて、足の甲を内側に向けると反射で元に戻すのですが、
まだ通常まではその動作が回復していませんでした。

でも痛みもないようで順調に回復してきているようです。
お薬の治療はもう必要ないでしょうとのことでした。
もともと薬は痛みを無くすためのもので、ヘルニア自体が治るものではないようです。
あとはひたすら・・・安静にしていることが何よりの薬だそうですが、これが一番大変ですね。

一般に言うとじょんは満6歳・・・今くらいから10歳くらいまでが一番椎間板ヘルニアになり易いそうです。
でもこれも体質によるらしく一概には言えませんが、10歳過ぎてなるダックスは少ないそうです。

1週間また様子を見て見せに来て下さいとのことでした。
でもこれで「もう大丈夫ですよ」と言われたとしても、
この先いつも注意していなければならないということですよね。

外科的手術をしたわけではないから、治ってるか治っていないか・・・・見極めが難しいです。

じょん CM:2 admin page top↑
だいぶよくなりました
2008 / 02 / 20 ( Wed ) 05:32:21
219jon.jpg


先週は本当に何ということもなかったのに、精神的に疲れていたせいかなかなかPCを見る気にもなれず、更新もお返事も出来なくてすみませんでした。

約1週間の投薬治療でだいぶ状態が回復したじょんです。
その後2度、病院へ行きましたが、行く度にステロイドの薬の量が減ってきました。
当初1日2回だったのがもう2日に1回でよくなり左足の麻痺もだいぶ治ってきました。
ただ、ここからは薬の量が減ったことで油断するとまた悪くなる場合もあるそうで慎重に様子を見なければいけないようです。

散歩出来ないからご飯の量を減らしていますが、おかげでか体重が病院に行く度に1グラムずつ減っています。

とにかく今のところ順調で手術の必要もないようで一安心です。
ほんとどうなることかと思いましたが・・・。

最初に「再発」って思ったのですが、今回は前のところが再発したわけでなくまた違う場所みたいです。
でも椎間板ヘルニアはレントゲンでははっきりしたことがわからないので獣医さんの予想や勘みたいなのに今のところは任せる意外にありません。
はっきりするのはMIRか造影剤を入れてレントゲンを撮るらしいですが、それは全身麻酔をしたりリスクが大きいので手術が必要な場合でないとしないらしいです。

とりあえず、散歩に行けないくらいであとはほぼ普通に生活できるようになりました。
私も先週は決まっていた旅行をあきらめようか・・・と思いましたが、なんとか行くことが出来る予定です。

じょん CM:2 admin page top↑
再発・・・
2008 / 02 / 12 ( Tue ) 12:33:27
夕方、職場に迎えに来てくれた主人が「なんか・・・じょんの後ろ足がおかしい」というのです。
買い物に行く予定を急遽辞めて急いで家に帰りました。

もうすぐ5月で椎間板ヘルニアの手術をしてから3年目になるのですが、
あれ以来じょんには細心の注意を再発しないようにとはらってきたつもりでした。
でも足がふらつく・・・と言ったらもうそれしか思い当たることがなく、
急いで病院へ連れて行きました。

前回はもう気づいた時点で後ろ両足が麻痺状態で歩けなくなっていましたが、
今回はまだ少しひきずる感じでも歩くことは出来ます。
レントゲン検査をおそらく初期の症状だろうということで、
今回は内科治療で様子を見るとこになりました。

手術も可哀想なのですが、内科治療も辛いです。
とにかくカラダを動かすことがダメなので小さな移動用のケージの中で基本はいなければいけません。
約1ヶ月間ここから出れない・・・。
散歩はもちろん禁止。
家の中も歩きまわれない。
お薬を飲みます。

ステロイド剤と、抗生剤・・・ステロイドは見た目少量ですが、最初は強めに処方されているといことで、喉の渇き等の副作用もあるそうです。
また胃が荒れるため粘膜保護の薬も飲みます。

ケージのそばにトイレを作りましたが、場所が違うとしません。
特に綺麗好きのじょんは、自分の寝たり食べたりするそばではやりにくいはず。
でも今までのトイレまで歩かすことすら出来ません。
ウンチをするのも大変なようです。後ろ足に負担がかかるから。
最近ウンチの回数がなぜか減っているなぁと思っていたのですが、
このせいだったのかと初めて気づきました。

昨日、ケージに閉じ込めた時は落ち着き無く、ごそごそしたり、
出して欲しいと悲しい声を出したりしていましたが、
意外にも今は大人しくしています。
出てこないと・・・・逆に体調悪いのか?歩けなくなったのか?
とっても不安になりますね。

jon201112.jpg


しばらくまた記録としてじょんのヘルニアの状態も書いて行きたいと思います。


じょん CM:6 admin page top↑
元気になりました
2008 / 01 / 05 ( Sat ) 03:47:41
皆さん・・・・ご心配頂きありがとうございました。

おかげさまで・・・・4日の朝、病院で診てもらってもう大丈夫とのことでした。
食欲もあるし元気になりました~!

jon.jpg

じょん CM:4 admin page top↑
* HOME * next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。